×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシック手術後に気をつけること

レーシック手術後に気をつけること

スポンサードリンク

1980年代後半から始まったエキシマレーザーによる屈折矯正手術は、
驚くほどの勢いで世界中に普及し、中でもレーシック手術は
今ではアメリカでは年間150万人以上の方が受けるポピュラーなものに
なってきました。
レーシックは、手術中、手術後もともに痛みがほとんどなく、
視力の回復も早いことから、いまや近視手術の90%以上を占めています。
入院の必要もなく、翌日にはほぼ通常の生活を送ることができることから、
最近、日本でもレーシックを検討される方が急増中です。
このサイトでは、レーシックを検討されている方に、ちょっとしたマメ知識を
お届けしていきます。

レーシック手術後に気をつけること

  レーシックの手術後は、リカバリールームでしばらく休憩し、
医師の診察を受けてから帰宅となります。
麻酔が切れる頃、目の中に異物感を感じることがありますが、
3時間ほど仮眠することで、解消されることが多いようです。
ですので、手術後は寄り道せずに帰宅して休むのがいいでしょう。



レーシック手術後は、お酒については手術前日と同様、手術当日の夜も控えます
アルコールによって体が脱水症状になりますので、
涙の分泌量に影響するからです。
涙が多く出て、角膜を潤すことで、角膜の治癒力が高まり
視力の回復も早まりますので、当日の飲酒は控えたほうがいいようです。

 レーシック手術後に気をつけること 続き



レーシックの無料説明会

神戸クリニック


   【ご案内】

メールはこちら!
   までお願い致します。

【レーシック・目の健康関連リンク】


 リンク集

アクセスアップ!相互リンクサイト【Fais.biz】
【相互リンク Ps-Fais】懸賞・プレゼント情報館



レーシック手術後に気をつけること トップページ